Behringer QX1204USB

FAQ QX1204USB

よくあるご質問

1.マイクとXLR(メス)-XLR(オス)ケーブルを接続します。
2.マイクに繋いだケーブルの片方をQX1204USBフロントパネル左上の[MIC]入力に差します。
3.QX1204USBの[MAIN OUTPUTS]からスピーカーへXLR(メス)-XLR(オス)ケーブルを使って繋げます。

1.QX1204USBの[MAIN MIX]のフェーダーを0dBの所まで上げます。
2.マイクを接続した[MIC]入力の下の所にある、黒い[GAIN]のつまみを12時から1時方向まで上げます。
3.本体下にある銀色のフェーダーをゆっくり上にスライドしていきます。これで音が出ます。

マイク等、入力の音を一時的に切っておきたい時に使います。

A,ALT3-4とは、[MAIN OUTPUTS]とは別系統の、リアパネルにある〔ALT3-4 OUTPUTS〕という出力です。
[MUTE]ボタンを押されたチャンネルの音のみが、〔ALT3-4〕という銀色のフェーダーに送られます。

1.マイクとXLR(メス)-XLR(オス)ケーブル、XLR(メス)-XLR(オス)ケーブルとQX1204USB、QX1204USBとスピーカーがちゃんと接続されているか確認してください。
2.次に黒い[GAIN]のつまみが12時から1時方向になっているか確認してください。
3.欲しい音量が得られるまで本体下にある銀色のフェーダーを上にスライドさせてください。
4.もし、銀色のフェーダーが10dBの所まで行っても音量が小さい時は銀色のフェーダーを1回下げてから、黒いゲインのつまみを2時~3時方向まであげてから銀色のフェーダーを上げてみてください。
使用するマイクによって適正ゲインは変わりますので、上記のような操作が必要となります。

A,QX1204USBは2イン/2アウトのUSBオーディオインターフェース機能がありますので、USBケーブル(付属)を使用し、QX1204USBリアパネルにある〔USB INTERFACE〕から、PCのUSBポート(USB3.0非対応)に接続可能です(Windows / Mac両対応)。WindowsパソコンにQX1204USBを接続し、一般的な音楽制作ソフト(Cubase、Protools等)で使用する為には、先にオーディオドライバをインストールする必要があります。
ベリンガー国内正規代理店ホットラインミュージックサポートページ⇒ www.hotlinemusic.co.jp/support/よりダウンロードして頂いた後、インストールを行ってください。
(「オーディオ/MIDIドライバー」の項目をクリックし、その下に展開されたページの中にあります、〔正規XENYX/U-Control用32/64-bitUSBオーディオドライバー(C-1U含む)〕をダウンロードしてください)
Macに接続する際は、ドライバのインストールは不要になります。

可能です。PCの音をヘッドフォンでモニターしながら楽器や歌を録音したい場合は、〔SOURCE〕セクションにある赤いボタン(USB/2-TR)を押す事で、ヘッドフォンにのみPCの音が鳴るようになります。〔PHONES/CTRL ROOM〕ツマミの上にある赤いボタン〔USB/2-TR TO MAIN〕を押すと、PCの音がリアパネルの〔MAIN OUTPUTS〕から出力されるようになります。
ただし、これを押すとQX1204USBに入力された楽器やマイクの音は[MAIN OUTPUTS]から出力されますが、PCへは楽器の音が流れなくなりますので、PCの音を聴きながら録音する際は、〔USB/2-TR TO MAIN〕を押さないようにして、〔SOURCE〕セクションにある赤いボタン(USB/2-TR)だけを押すようにして下さい。

A,Control Room Outとは、〔MAIN OUTPUTS〕に接続された大勢が聴くスピーカーとは別に、自分だけが音を確認する際に使用するスピーカーを接続する為のアウトプットです。例として、メインスピーカーから音を出す前に、自分専用のスピーカーやヘッドフォンのみから音を出し、全体のバランスを取り直す際に使用したりします。
またモニター用途だけではなく、QX1204USBでは、例として※フォン-フォンのケーブルしか手元に無く、同じフォン端子の入力を持つ機器に音を送らなければいけない時などに、Control Room Outを汎用的にご使用いただけます。

フォン-フォンのケーブル

外部ポータブルプレイヤーを接続する際は、5/6チャンネル、または7/8チャンネルか、どちらかのステレオチャンネルに接続してください。入力された音が小さすぎる場合は、LR入力ジャックの下にある、〔LEVEL〕ボタンを押すことにより、入力レベルを大きくする事ができます。
〔2-TRACK IN〕にRCAピン赤白→3.5mmステレオミニケーブルを使用してプレイヤーを接続する事も可能ですが、ここから入力する場合、QX1204USBのコントロールでは音量の調節が出来ません(プレイヤー側で調節する必要があります)。
また〔2-TRACK IN〕に入力した音は〔2-TRACK OUT〕からは出力されませんのでご注意ください。

ベリンガーのULMワイヤレスマイクのUSBドングルを接続できます。有線ではなく、無線のマイクを使いたい場合、別途ULM100USB(マイク1本)又はULM202USB(マイク2本)をお買い求め下さい。(いずれもUSBポートが一箇所必要となりますので、マイクを2本ご使用の方はULM100USBを2セットではなく、必ずULM202USBをお求め下さい。)

Behringer QX1204USB

【QX1204USB+ULMワイヤレスマイクの使い方】
1, マイクに電池を入れ、▲ボタンを押して電源をいれる。
2, ①のUSBポートに②のUSBドングルを差し込む。
3, ▲音量アップ,▼音量ダウンで好みの音量にする。
[初期設定は以上です]
・少しの間マイクを切っておきたい場合、▼を長押しすれば消音されます。また、▲長押しで消音が解除されます。
・USBドングルをQX1204USBから外し、1分経つとマイクの電源が自動的に切れます。電池寿命の為に、使い終わったらUSBドングルを抜いて下さい。

Behringer QX1204USB

6.3mm標準ステレオプラグのヘッドフォンを使って下さい。6.3mmは音響機器などに使われるいわゆる業務用の規格です。
ポータブルプレーヤーやスマートフォンなどに使われる端子は3.5mmステレオミニプラグです。6.3mm端子ではないヘッドフォンをお持ちの方は、3.5mm→6.3mmの変換プラグをお買い求め下さい。

Behringer QX1204USB
Behringer QX1204USB

ファンタム(ファントム)電源といわれる電源供給のスイッチです。コンデンサーマイクや電源が必要なDIボックスを接続する時に使用します。

Behringer QX1204USB
Behringer QX1204USB

QX1204USBのLINE INはベース・ギターなどのハイインピーダンス入力に対応しておりませんので、DIボックス/LINE OUTのあるアンプシミュレーターなどが必要となります。

Behringer QX1204USB
Behringer QX1204USB

QX1204USBはUSBポートを介してPCに接続できます。お手持ちのPC/プロジェクターと合わせてお使いいただけます。

Behringer QX1204USB