vocalive3_01
ボーカリスト必携のエフェクト&レコーダー・アプリ

ステージからレコーディングまで様々なシーンで活躍してくれるiPhone/iPad対応ボーカル専用アプリVocaLiveは、iPhone/iPod touch/iPadでお使いいただけるボーカル専用エフェクト&レコーダー・アプリです。12種類内蔵されたボーカル / スタジオ・エフェクトの中から、最大4種類同時使用することで、高品位なボーカル・サウンドでのパフォーマンスを実現してくれます。加え、てマルチ・チャンネル対応オーディオ・インターフェースと併せてお使いいただくことで、最大8トラックのマルチ・トラック同時録音が可能です。
VocaLiveには、お持ちのマイクロフォンをビンテージのスタジオ・マイクのサウンドのように変えてしまうMic Roomや、クリエイティブなアイディアを形にしてくれる4トラックのルーパー機能(アプリ内課金)なども装備しています。
VocaLiveはiPhone/iPad内蔵のマイクやヘッドセットでもお使いいただけますが、最高のパフォーマンスを引き出すためには、IKのiRig Mic HDやiRig Mic Studioといったデジタル・マイクや、iRig Mic、iRig Mic Lavなどのアナログ・マイク、そしてマイク・プリアンプ内蔵しXLR / 標準コンボ端子も装備したiRig Pre、iRig Pro、iRig Pro Duoなどのオーディオ・インターフェイスのご使用をお薦めいたします。iRig Pro Duoなら、2トラックの同時録音が可能ですから、ボーカルとギターの伴奏、デュエットなど、それぞれトラックに別々に録音することもできます。

  • VocaLive 3の新機能
  • ・マイク・モデリング機能、Mic Roomを装備
  • ・最大8トラックの同時録音
  • ・Studio機能のユーザー・インターフェースの改善
  • ・書き出し機能も備えた4トラック・ルーパー
  • ・iPhone版でも最大4種類のエフェクトを同時使用可能に
  • ・エフェクトをドラッグ&ドロップでインサート可能に
  • ・エフェクトを視覚的に確認しながら選択が可能に
  • ・iPhone版とiPad版のAmpliTube各バージョンとのユーザー・インターフェース、およびプロジェクト・ファイルの互換性の向上

vocalive3_03

vocalive3_02

vocalive3_11

パワフルなリアルタイム・エフェクト機能VocaLiveには、ボーカルに特化したプロ仕様のリアルタイム・エフェクト12種類が装備されており、最大4種類を同時使用して、リアルタイムにエフェクト処理を行うことが可能です。そう、まるで、パワフルなスタジオ機材一式をポータブルなモバイル端末に入れて持ち運んでいるかのよう。VocaLiveには、Pitch Fix (ピッチ補正)、Choir (3声のハーモナイザー)、Morph (フォルマント/ピッチをX/Y軸パッドでモーフィング) 、Double (ダブラー)、De-Esser (歯擦音を抑えるディエッサー)など5種類のボーカル専用エフェクトが装備されています。(Doublerは、ユーザー登録後にロック解除されます。)加えて、Reverb、Delay、Parametric EQ、Compressor、Chorus、Phazer、Envelope Filterといった定番のスタジオ・エフェクト7種類も装備しています。こうしたリアルタイム・エフェクトを自由に組み合わせて、あなただけのオリジナルのボーカル・サウンドを創りあげることができるのです。

vocalive3_04

ビンテージ・マイクをモデリングIKのマイクロフォンをお使いですか?VocaLiveのマイク・モデリング機能、Mic Roomを使えば、お使いのマイクのサウンドを、ビンテージなスタジオ・マイクで収録したかのようなサウンドに変えてしまうこともできるのです。古今東西20機種のマイク名機のモデリングをアプリ内課金で追加することができます。ダイナミックから、コンデンサー、リボンなどさまざまなタイプのマイクが用意されています。

vocalive3_05

vocalive3_06

ポータブルなレコーディング・スタジオVocaLiveには、標準で1トラックのレコーダー機能が装備されており、アプリ内課金により、8トラックに拡張可能です。レコーディング・ミキサーの各チャンネルには、ミュート、ソロ、パン、レベル、3バンドのEQ、チャンネルごとのエフェクト・センド2系統などが装備されています。マルチチャンネルのオーディオ・インターフェースを使用すれば、最大8トラックのマルチトラック同時録音も可能です。

さらに、同じくアプリ内課金により、DAWスタイルの波形表示をベースにした編集機能も追加することができます。タッチ&ドラッグで、録音データをループさせたり、移動したり、直観的に編集作業とミックスダウンを行うことができます。完成したミックスは、WAV形式や.m4a形式のファイルとして書き出したり、共有したりすることが可能です。すなわち、VocaLiveだけで、アイディアのスケッチから、作曲、アレンジ、録音、ミックス、そしてステージでのパフォーマンスに至るまで、1つの作品を完成させることさえ可能なのです。

vocalive3_07

vocalive3_08

クリエイティブなルーパー機能VocaLiveでは、アプリ内課金により4トラックのオーディオ・ルーパー機能を追加可能です。アイディアのスケッチから、よりクリエイティブなパフォーマンスまで、幅広い用途にお使いいただけます。各トラックのボリュームを個別に調節できるだけでなく、iRig BlueBoardのようなMIDIコントローラーからループの再生をコントロールすることもできます。録音したオーディオ・データは、ファイル共有機能やAudio Copy機能で書き出しが可能ですから、VocaLiveのDAW / レコーダー機能や他の音楽アプリで活用することもできます。

あなた専用のリハーサル室ボーカル・キャンセル機能も備えたVocaLiveのSONGセクションでは、お使いのiOSデバイスのミュージック・ライブラリーからインポートした音楽ファイルを、伴奏トラックとして使用することができます。
また、ステージやスタジオでの本番前に便利な、ボーカルのウォーミングアップ用のスケールを再生してくれる機能も装備しています。

vocalive3_09

充実のプリセット機能VocaLiveのエフェクト設定は、55種類のファクトリー・プリセットが用意されています。オリジナルの設定は、ユーザー・プリセットとして保存しておくこともできます。作成 / 保存できるユーザー・プリセットの数には制限はありません。ただ、お使いのデバイスのメモリにのみ依存します。お気に入りのプリセットを登録可能なFAVOURIT機能や、MIDIコントローラーによる呼び出しにも対応していますから、ステージやスタジオで瞬時に呼び出すことができるのです。

vocalive3_10

Take controlもちろんVocaLiveはMIDIコントロールにも対応しています。iRig MIDI 2、iRig Pro、iRig Pro Duoに接続した外部MIDIフット・コントローラーや、IKのワイヤレスBluetooth MIDIコントローラー、iRig BlueBoardで、VocaLiveのエフェクト・パラメータをリモート・コントロールしたり、エフェクトをバイパスしたり、プリセットの切り替えを行ったり、ルーパー機能のコントロールさえ可能です。例えば、フットペダルでMorphエフェクトのパラメータをコントロールすれば、iOSデバイスの画面に触れることなく、あなたのボーカルのキャラクターを劇的にしかもリアルタイムで変化させてしまうことだって可能です。

Inter-App AudioやAudiobusにも対応VocaLiveは、他のアプリとの連携機能も充実しています。iOS 8以降でサポートされたAppleのInter-App Audioに対応していますから、Apple GarageBandやSteinberg Cubasisのようなお気に入りのDAWアプリで、VocaLiveのエフェクトで処理された音声を活用することができるのです。
VocaLiveは、別売のサード・パーティのアプリ、Audiobusにも対応しています。最大3つのアプリ間でオーディオ・ルーティングが可能な、このアプリと併せて使用すれば、他のアプリから出力されるボーカルや楽器の音声を、VocaLiveでエフェクト処理したり、録音したりすることもできます。

  • 主な機能
  • ・ボーカル・サウンドに特化したリアルタイム・エフェクト&デコーダー・アプリ。
  • ・iPhone/iPod touch版とiPad版をご用意。
  • ・最大4種類のエフェクトを同時使用可。
  • ・5種類のボーカル・エフェクト、7種類のスタジオ・エフェクト、計12種類のエフェクトを装備。
  • ・1トラックのレコーダー機能を装備(アプリ内課金により最大8トラックの同時録音が可能なレコーダー / ミキサー機能に拡張可能。)
  • ・マイクの特性をモデリングしたMic Room機能(アプリ内課金により古今東西のビンテージ・マイク20機種のマイク・モデルを追加可能)。
  • ・4トラック・ルーパー(アプリ内課金)。
  • ・AutoFreeze feature allows each track to have its own full effects chain
  • ・VocaLiveレコーダーのトラック間、対応アプリ間でのオーディオ・データのコピー&ペーストが可能。
  • ・端末のミュージック・ライブラリーやコンピュータのiTunesライブラリーから既存の楽曲を伴奏トラックとして読み込み可能。
  • ・読み込んだ音楽ファイルをカラオケ化するボーカル・キャンセル(Voice Cancel)機能。Eメール添付やFTP、SoundCloudへのアップロード、iTunesファイル共有のために、WAV、m4Aなどのファイルに書き出しが可能。
  • ・55種類のファクトリー・プリセットを用意。Favorites機能により、お気に入りの設定を瞬時に呼び出し可能。
  • ・オリジナルの設定は、数の制限なくプリセットとして保存可能(端末のメモリの空き容量に依存)。
  • ・外部MIDIコントローラーにより、エフェクト・パラメータやルーパーのリアルタイム・コントロール、プリセットの切り替えなどが可能。
  • ・アプリ内課金のiCloud共有に対応。
  • ・デジタル・オーディオ入力に対応。
  • ・メトロノーム機能やウォーミング・アップ用スケール再生機能。
  • ・レイテンシーを抑えたリアルタイム・ボーカル・エフェクト処理。
  • ・AudiobusとInter-App Audioに対応。
  • ・AmpliTube for iPhone / iPadのアプリ内課金により、VocaLiveのエフェクト機能をAmpliTubeアプリでも追加 / 使用可能。
  • ・iPhone版 / iPad版で機能、操作の違いが無く、プロジェクト・ファイルをiPhone版 / iPad版間で共有可能。
  • ・収録エフェクトの数を絞った無償のFREE版もご用意。

IK Multimedia Apps Download»