irig2bl
モバイル機器用ギター・インターフェースの代名詞となったiRigの仕様を強化して、より幅広い楽器や使い方に対応。

人気のギターインターフェースiRigの後継機種 iRig® 2。iRig 2にはギター、ベースを接続する楽器入力端子、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Android機器に接続する4極ミニプラグ、ヘッドフォン・アウトに加え、アンプ接続用の標準アウト端子、入力ゲイン調整ダイアルが装備され、練習、レコーディングからライブまで、より幅広い楽器や使い方に対応します。

アンプ接続用端子付き。 IK Multimediaが2010年に販売開始したiRigは、ギター、ベースをモバイル機器に接続して、ギター、ベース用のエフェクト・アンプ・モデリング・アプリAmpliTube®を通した演奏や、GarageBandなどのレコーディング・アプリでの録音を可能にするインターフェースの代名詞として人気を博しました。今回発表されたiRig 2では、ヘッドフォン出力用のステレオ・ミニ端子に加え、アンプ接続用の標準出力端子が追加されたので、練習、レコーディングだけでなく、ライブ演奏時にも使えるようになりました。

iRig 2には、FX/THRU切替えスイッチも装備され、AmpliTubeを通したエフェクト・サウンドとバイパス音を切替えてプレイ可能です。さらに、マイクスタンドに設置して使える仕様と付属のマジックテープにより、ステージでの使い勝手も向上しています。

入力ゲインも調整可能に。 iRig 2には、入力ゲイン調整ダイヤルも装備されました。アクティブ、ハムバッカー、シングル・コイル、ピエゾと、ギター、ベースのピックアップにあわせて調整可能な入力ゲイン・ツマミを使えば、ノイズ、フィードバックが最小となるポイントを見つけることができるでしょう。

irig21

多くのアプリで、すぐに利用可能。 iRig 2は、iPhone、iPad、iPod touchの他、CTIA/AHJ規格に準拠した4極ミニ端子を備えたAndroid機器でもお使いいただけます。

ギター、ベース用のエフェクト・アンプ・モデリング・アプリのAmpliTubeも、iPhone版、iPad版の他、低レイテンシーを実現したSamsungプロフェッショナルオーディオ対応版、Android 5対応のAmpliTube for Androidが用意されているので、Apple、Samsung、LG、Motorola、HTCなど多くのデバイスにてお使いいただけます。

  • 主な仕様
  • ・ギター、ベース、電子楽器などを接続可能な標準入力端子
  • ・ステレオ・ミニ・ヘッドフォン出力端子
  • ・外部アンプに直接接続可能な標準出力端子
  • ・iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Android機器接続用4極ミニ・プラグ
  • ・FXモードとTHRUモードを切り替え可能なスイッチ
  • ・入力レベルを調節可能なゲイン調整ダイアル
  • ・マイク・スタンドに取り付け可能な仕様(マジックテープ付)